長期優良住宅とは何か?

不動産とは、建物や土地を指す言葉です。

動かないからこそ価値を重要視するので、価値を上げるための長期優良住宅の基準を説明します。
基準とは、建物の骨組み(壁・柱・土台など)の劣化対策・耐震対策・高齢者対策・省エネルギー対策・可変性・住戸面積などがあるかどうかです。
「劣化対策」とは数世代に渡って使用できる耐久性があるか、「耐震対策」とは耐震性があり損害レベルの軽減を図れるかという意味です。
また「高齢者対策」は高齢者に対しバリアフリー対策などを行っているか、「省エネルギー対策」は断熱効果などを講じているかという事です。
ほかにも「可変性」は間取りを柔軟に変更できるか、「住戸面積」は住み易い環境面積を確保しているか、など様々な項目があります。

資格を取得する事で、固定資産税がある内の期間限定ではありますが、減免措置など税制面での優遇を受ける事が可能です。
たとえば住宅ローンの引き下げなど、良い事ずくめです。
但し購入などの初期コストだけでなく、維持するコストもかかるのが現状の問題とされています。
新築一軒家では20%程度、マンションなどでは殆ど導入されておらず、これから購入を検討する際には予算との相談が必要ではないでしょうか。

Just another WordPress site